手軽に共用部分を収益化

無価値(0円)だった共用部分の壁面空きスペースを広告媒体として活用することで収益化を実現します。

1. リスクゼロ

維持費が0円となるため、収益に対してコストが上回るような事態が起きません。これは、紙の広告物を掲示することによって実現される特徴です。

2. 安価な導入費

ご用意いただくものは、広告物を掲示するためのフレームや樹脂シートのみです。1枚あたり約3,000円で楽天などで入手可能です。一度購入すれば、継続的に活用することができます。

● アルミフレーム

● 樹脂シート


3. 入居者の利便性向上

入居者に合った広告物を掲示することで利便性を向上させます。例えば、「○○マンション限定」といった入居者の方だけが使える割引クーポンを提供することなどが挙げられます。

4. 手軽な運用

①空きスペースの登録 ②広告物の受領・掲示(マッチング成立時のみ) ③収益金の振込といった三つのステップで運用ができます。一回の掲示期間は28日間とし、広告主から需要がある限りは継続的な収益に繋がります。(詳細プロセスはこちらをクリック