効率的に記憶を獲得する広告媒体

コンテンツの生産が容易になった現代社会において、情報は供給過多となる一方です。1日は24時間しかない限られた状況下では「希少な注目資源を確保し、いかに記憶に留めてもらうのか」ということが情報発信者にとっては最重要課題となります。何故ならば、記憶にも残らないものが購買の対象とはなり難い為です。

情報が増えるほどに記憶の獲得は困難になる

視認=記憶 とはならない

毎日電車に乗る人は多いですが、電車内の広告を覚えている人は稀です。

スマホを触らない日はありませんが、表示される広告を覚えている人は稀です。

多くの人が屋外広告を目にしますが、広告を覚えている人は稀です。


記憶の獲得なしに、購買行動は変えられない

人間は、知らないものを購買の選択肢に入れることはできません。これは、記憶がなければ想起できず、購買行動の際に選択肢に入れることができないためです。

記憶獲得は広告媒体の新しい価値基準

これまで

リーチ数の多さが広告媒体の価値を決める主な指標とされてきました。これにより、一人ひとりには多くの異なる情報が届けられることになり、記憶に残すことが難しくなります。

これから

一人ひとりの記憶を獲得することが広告媒体の新たな価値基準となります。何故ならば、記憶にも残らないものが購買の選択肢になることはないためです。


同じ人に、何度も、自然に、訴えかける広告媒体


同じ人に、何度も、自然に、訴えかける事で効率的に記憶を獲得します。一人ひとりの記憶に確かに働きかける事で一過性の広告効果ではなく、中長期的な認知獲得につなげます。

記憶を獲得する3つの特徴

広告物は生活動線に配置される為、同じ人による反復的な視認を促します。

他の広告物が殆どない環境が担保されている為、集中的な視認を促します。

ポップアップの様に強制的な視認獲得形式ではない為、視認者にストレスを与えません。


接触回数と好感度の関係

写真ごとに異なる回数回被験者に写真を見せて、その好感度を計測した実験(Zaionc, 1986)があります。それによると、接触回数の多さが好感度を引き上げることが立証されています。例えば、マンションのエレベーター内に広告物を設置する場合、1ヶ月間に56回程度の視認機会があるため、広告に対する好感度を引き上げることにつながります。

建物ターゲティングの特性

建物単位で広告出稿ができるため、①エリア、②属性(単身・ファミリー層)、③家賃に基づいた年収、に応じたターゲティングが可能となります。

広告媒体としての性質

現在の売上を確保するためのレスポンス広告と、未来の影響力へ投資するためのブランディング広告を掛け合わせたハイブリッド型の広告媒体です。