質の高い視認を確保できる広告媒体

コンテンツの生産が容易になった現代社会において、情報は供給過多となる一方です。1日は24時間しかない限られた状況下では「希少な注目資源を確保し、いかに記憶に留めてもらうのか」ということが情報発信者にとっては最重要課題となります。何故ならば、記憶にも残らないものが購買の対象とはなり難い為です。

同じ人に、何度も、自然に、訴えかける広告媒体


同じ人に、何度も、自然に、訴えかける事で効果的に記憶に働きかけます。一人ひとりの記憶にきっちりと働きかける事で一過性の広告効果ではなく、中長期的な認知獲得につなげます。

記憶に訴えかける3つの価値訴求点

広告物は生活動線に配置される為、同じ人による反復的な視認を促します。

他の広告物が殆どない環境が担保されている為、質の高い視認を促します。

ポップアップの様に強制的な視認獲得形式ではない為、嫌悪感が生じにくくなります。


広告媒体としての性質

現在の売上を確保するためのレスポンス広告と、未来の影響力へ投資するためのブランディング広告を掛け合わせたハイブリッド型の広告媒体です。