広告媒体としての特徴

コンテンツの生産が容易になった現代社会において、情報は供給過多となる一方です。そのため、多くの情報は素通りされてしまいます。その典型例が広告です。広告配信にはコストを伴いますが、素通りされることによって無駄なコストと化してしまいます。

 

wallbankが提供する広告媒体は、そんな無駄になっている広告コストを集約し、「社会的」にも「環境的」にも価値のある広告に換えることで消費者のエンゲージメントを高めます。

広告メディアとしての3つの強み

居住者やワーカーが毎日出入りするマンションやオフィスビル内の動線に広告物を配置するため、「同じ人に、繰り返し、自然に」広告を視認させることができます。質の高い視認性により、効率的に消費者のアテンションと記憶を獲得することが可能となります。

居住者やワーカーの身近な動線に広告物が配置される為、反復的な視認を促します。

他の広告物が殆どない環境が担保されている為、集中的な視認を促します。

ネット広告のように強制的な視認を要望しない為、視認者にストレスを与えません。



・レスポンス広告として

他の広告物がない独占的な環境で、同じ人に繰り返し広告を視認させることから、行動喚起を促すことが期待できます。実証実験では、チラシのポスティングと比較して10倍以上のパフォーマンスを記録しました。

オンラインへの招待ツールとして

半密室空間における反復的なコミュニケーションは、消費者の啓蒙に優れた側面があります。何度も働きかける特性を使ってオンラインへの招待ツールとして活用することも可能です。

独占的な空間における消費者との反復的なコミュニケーション機会が創出されます。

QRコードのスキャンでオンラインへ。

・アプリのDLページ

・クーポンコードの表示

・アンケートサイト

etc...


・ブランド広告として

同じ人に繰り返し、そして自然に広告を視認させることで、企業が提供する製品・サービスに対するイメージ強化に貢献します。また、単純接触効果によりブランドに対する好感度の向上が期待できます。ブランドに対する相対的好意度の高さは、購買頻度と販売価格を引き上げる源泉となるため、非常に重要な要素として扱われています。


社会的価値の創出機能

wallbankの広告媒体を活用することによって、「社会性」と「環境性」の側面から新たな価値を創出することが可能となります。この2つの要素は、近年、GPIFなどの機関投資家が重視しはじめているESG評価のうち、Environment(環境)とSocial(社会)を占めており、CSRやサスティナビリティの観点からも非常に需要な指標要素として扱われています。

・社会性

建物をメディア化することによってもたらされる広告収入は、建物の維持管理費用などに役立てられます。これは、社会問題となりつつあるマンションやオフィスビルの修繕金不足や枯渇といった問題緩和に貢献することを意味しています。

・環境性

多くが廃棄の対象となるポスティングや折込みチラシの代替手段となることによって、無駄な資源の削減に貢献することが可能となります。大手事業者が率先して活用することによって、中小事業者がこの代替手段を活用するトレンドを創り出します。

・エンゲージメントの強化

社会的な価値を創出する事業者のレピュテーションは向上し、結果的に消費者のエンゲージメントは強化されることに繋がっていきます。特に、今そこにある身近な社会的課題に対する解決策を提供する事業者は、より強いエンゲージメントの獲得につなげていくことが可能となります。