広告媒体メディアとしての特徴

アテンションは有限のリソースです。その獲得競争において、wallbankは圧倒的な「アテンション」と「時間」を掛け合わせた価値ある広告媒体を提供いたします。


3つのFEATURE01.視認性

・反復的な視認

居住者などの身近な動線に広告物が設置されるため、EV内の場合で月間約560秒間も視認する機会があります。 >>more

・集中的な視認

他の広告物がほとんどない環境が担保されている為、集中的な視認を促します。 >>more

・自然な視認

ネット広告のように強制的な視認を要望しない為、視認者にストレスを与えません。 >>more


信頼性FEATURE02.の高さ

多くの時間を過ごす生活空間や職場は、スペースとしての信頼性が担保されてます。その為、そこへ掲出する広告に対する信頼性の担保も期待できます。


社会的FEATURE03.価値の創出

建物をメディア化することによって得られる収益は、社会的課題への対応に活用することが可能です。これにより、エンゲージメントの強化が期待できます。


広告媒体メディアとしての実績

実証実験では、通常のポスティングと比較して10倍以上のパフォーマンスを記録しました。


活用例

・オンラインへの招待ツールとして

半密室空間における反復的な訴求は、消費者の興味醸成に優れています。その環境を活用してオンラインへの招待ツールとして活用することも可能です。


セールスツールオフィスビル掲出の場合として

BtoBセールスは、事前に認知されているかどうかでアプローチの難しさが決まります。オフィスビルへの掲出は、事前認知を獲得できるため、アプローチしやすい環境を創出します。


ブランド広告1棟単位で掲出できる安価なとして

単純接触効果により好感度の向上が期待できます。1棟単位で掲出できるため、安価なブランド広告として活用することが可能となります。