『壁』に新たな価値を。

マンション・オフィスビル内の壁面を「広告スペース」としてシェア。

建物には収益機会をもたらし、広告主には新たな広告媒体を提供します。


壁面を『借りる』広告媒体としてメリット

マンション・オフィスビルは、同じ人がほぼ毎日出入りする特性があります。そこへ広告物を設置することにより月間約50回以上もの独占的な視認を確保し、消費者との上質な広告コミュニケーション機会を創出します。

最安 1,200 円(税別)〜

マンションやオフィスビルなど多種多様な建物から壁面を選ぶことができます。

視認時間 560 秒間/月〜

エレベーターの場合、3Fに到着するまでに視認可能な時間は10秒間/回 以上あります。


壁面を『貸す』広告媒体としてメリット

無価値な壁面を収益化することが可能となります。改造を伴う工事も不要なため、費用なしでリスクを追わずに資産価値の向上を図ることができます。


各々のメリット

賃貸マンション
オーナー

これまで0円だった壁面を利活用することで入居者様へ利便を提供しつつ、新たな収益獲得機会を得ることができます。

分譲マンション
管理組合

共用部分の屋内壁面を利活用することで新たな収益機会を獲得し、それを修繕積立金不足や枯渇といった問題緩和に役立てることができます。

オフィスビル
オーナー

エレベーター内の壁面を有効活用することで、各テナント様に利便を提供しながら新たな収益獲得機会を得ることができます。

物件管理会社

リスクや費用負担なしに、物件所有者に対して付加価値の高いサービス提供が可能となります。

広告主

「アテンション」と「時間」を掛け合わせた広告メディアの活用により、効果的に訴求し、記憶に残しやすい環境を提供します。